くらし情報『わが子の写真をSNSにアップして賠償金? ”ネチケット”の思わぬ落とし穴!』

2017年4月9日 13:00

わが子の写真をSNSにアップして賠償金? ”ネチケット”の思わぬ落とし穴!

よい人間関係はプライスレス。写真投稿は慎重に!

■1人1枚限定の割引クーポン、アカウントを複数作ったら!?

「無料で配布されるクーポンなら、1人1枚と決められたものを複数取得するだけでは罪になりません。ただし、クーポンを使い割引を受けると、実際には得られるはずがなかった利益を得たとして詐欺罪にあたる可能性があります。発行先から訴えられたら、本来の1枚分以上に割り引かれた金額を損害賠償請求されたり、慰謝料を求められたりする場合も」(清水弁護士)

ちなみに、第三者の名義で抽選に応募するだけなら、不法な利益を得たことにはならず、当選しても詐欺罪にはあたらない。

しかし、レイ法律事務所の佐藤大和弁護士によると、

「コンサートなどのチケットであれば、入場拒否をされても文句は言えない。人気のあるコンサートでは最近は身分証明書を提示させたりもしますので、ごまかしがききにくいでしょう」

目先のお得感につられると、痛い目にあうかも。

■【拡散希望】とあったから……デマとは知らず回しちゃった
《工場が爆発!有害物質が発生》というメールが。“ほかの人に知らせて”と書いてあったので、急いで友人に送信。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.