くらし情報『大島美幸、ママになってもお尻出す「このままの芸風で息子にも笑ってもらいたい」』

2017年4月14日 17:00

大島美幸、ママになってもお尻出す「このままの芸風で息子にも笑ってもらいたい」

大島美幸、ママになってもお尻出す「このままの芸風で息子にも笑ってもらいたい」
大島美幸:森三中のボケ担当。『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBSテレビ系)サブMCとして出演中
ママ芸人の中でも、唯一と言っていいほど“身体を張っている”のが『森三中』大島美幸。今年2歳になる息子を育てながらも、お尻を出したり、寒中水泳をやったりとお茶の間を楽しませてくれる。そんな大島の、ママ芸人としての“本音”を聞いてみました!

■60歳になっても身体を張りたい

昔はなまけグセがありましたけど、子どもを産む前よりも、“何か爪痕を残していきたい”という思いはガツガツしていると思います(笑)。海外ロケの際は実家のお母さんに来てもらって、ダンナにも子どもを見てもらっています。息子も寂しくさせているのに、何も残さずに帰るのはもったいないですもん。

以前『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、氷を張ったフィンランドの湖で、寒中水泳をやる企画があったんです。放送後、“女性で、しかも母親である身なのに、冷たい水の中に飛び込ませるなんてやりすぎ!”という意見があったそうです。

たしかに女性の身体を冷やしちゃいけないということもわかりますが、“お母さんが冷たくてかわいそう”なんて言葉が出ないくらいの、それをも包み込むぐらいの笑いが起きなきゃいけないなと力不足を痛感しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.