くらし情報『『ひよっこ』木村佳乃&羽田美智子が語る裏話、茨城弁の“極意”は濁音にあり?』

2017年4月13日 06:00

『ひよっこ』木村佳乃&羽田美智子が語る裏話、茨城弁の“極意”は濁音にあり?

『ひよっこ』木村佳乃&羽田美智子が語る裏話、茨城弁の“極意”は濁音にあり?
写真左から木村佳乃羽田美智子撮影/佐藤靖彦
羽田「日本の原風景みたいな場所でロケができてうれしかったし、すごくノスタルジーもありますよね」

木村「撮影されたカットがキレイですしね」

朝ドラ”『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)と幼なじみの時子(佐久間由衣)を、奥茨城村で温かく見守りながら育ててきた母親、谷田部美代子助川君子を演じている木村佳乃(41)と羽田美智子(48)。役と同様、素の時でも仲のいいふたりの“母親対談”の始まりです!

ふたりは村で一、二を争う“美女”という設定だけど?

木村「そう、お互いに自分が一番キレイだと思っているんです(笑)」

羽田「村一番の美人は私、二番があなたってね。まあ、それをネタにしているんですけど」

木村「そして言い争っているふたりを見て、茂さん(古谷一行)が辟易(へきえき)すると(笑)」

羽田「でも、そんなことを言い合えるくらい、一番の仲よしなんですよね」

母親たち同様、みね子と時子もかけがえのない親友同士。

羽田「娘たちがすごく親友だと物語るシーンがいっぱいあるんですけど、私たちも昔、同じようにやってきたんだろうな、って」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.