くらし情報『年を取るのは怖くないし悪くない!『おしゃれなおばあさんになる本』が話題』

2017年5月7日 20:00

年を取るのは怖くないし悪くない!『おしゃれなおばあさんになる本』が話題

■シワシワの顔から魅力と知恵がのぞく

過去、ポプラ社『おちゃめなふたご』『若草物語』などの名作物語の挿絵を描き、全国10数社と契約を結んだキャラクター商品は一世を風靡。サンリオ『いちご新聞』では1975年の創刊以来、現在もイラスト&エッセイを連載中の田村セツコさんは、確実に日本の“カワイイ”を作ってきたクリエイターのひとりと言えるでしょう。

年を取るのは怖くないし悪くない!『おしゃれなおばあさんになる本』が話題
『おちゃめなふたご』『若草物語』の挿絵を手がけた田村セツコさん撮影/坂本利幸
そんな田村さんの最新刊が、『おしゃれなおばあさんになる本』(興陽館)。まず目を引くのが、キュートな茶色いギンガムチェックの表紙です。

「デザイナーさんが、私らしい身近な素材が資料として欲しいというから、お気に入りの布地とか包み紙とか、ペーパーナプキンとか、そういったものをひと山お送りしました。そうしたら一番シンプルなものを参考にしてデザインしてくださって。本当に素敵よね」

そしてワクワクしながら表紙をめくると、《年をとっておばあさんと呼ばれる年になってわかったことは、たくさんの面白いことや楽しいことが、魔法のように増えてきたことです》という、心強い言葉が真っ先に目に飛び込んできます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.