くらし情報『寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者』

2017年5月9日 00:10

寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者

とても素晴らしいデビューでしたよ」(前出・観劇した女性)

堂々たる初舞台となったが、終演後には普通のわんぱくな男の子に戻った。楽屋口で寺島やローラン氏が友人と談笑していると突然、元気よく駆け出していったという。

「50メートル先の交差点までお友達と走っていってしまって。“まーほーろ!”とお父さんや富司純子さんに大声で止められていました。応援に来たお友達と側転もしていましたよ」(同・観劇した女性)

4歳といえば遊び盛りだから、友達がいればつい一緒にふざけたくなるのはしかたがない。それでも眞秀くんは、歌舞伎役者修業にも熱心に励んでいるという。

「尾上流の日本舞踊を習っています。富司さんがお世話をすることもありますが、送迎は基本的に寺島さんが行っているそう。仕事の合間を縫って稽古場に駆けつけていますよ」(梨園関係者)

かつて寺島は“息子が選んだ道を進んでほしい”と語っていたが、眞秀くん自身が歌舞伎を好きになったので、母親として強力にバックアップすることにしたようだ。

「眞秀くんは家でお父さんと一緒にタブレット端末で歌舞伎を見たり、セリフをまねっこしたりしているそうですよ」(同・梨園関係者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.