くらし情報『寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者』

2017年5月9日 00:10

寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者

しかし、困ったのはちょうど眞秀くんの舞台上演期間と重なってしまっていること。

「寺島さんは眞秀くんの出演中は彼の世話に専念したいと思っていたようですが、主演女優が会場に行かないわけにはいきません。眞秀くんは富司さんに任せて渡航するしかないでしょうね。映画祭で上映されるのはうれしい反面、眞秀くんを残していくのは後ろ髪を引かれる思いでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

眞秀くんにとっては大女優・富司純子が祖母で、人間国宝の尾上菊五郎が祖父。孫が可愛くてしかたがない。

「菊五郎さんは眞秀くんのお目見えをとても喜んだそうです。菊之助さんの息子・和史くんも昨年お目見えしていますが、そのときも今回もデレデレ。孫たちと同じ舞台を踏めて、うれしかったことでしょうね」(前出・梨園関係者)

菊之助は寺島の弟だから、眞秀くんにとっては叔父にあたる。

音羽屋は歌舞伎界でも有数の名家で、現・菊五郎の祖父、父、本人まで3代続けて人間国宝になっている。

「菊五郎さんは眞秀くんに並々ならぬ思いがあるようで“梅幸は眞秀に継がせたい”と周囲に語っているそうです」(同・梨園関係者)

梅幸とは、菊五郎の父が襲名していた名跡で、’95年に亡くなってからは使われていない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.