くらし情報『升毅、芸能生活42年目で初主演「やっぱり主演はやってみたかった」』

2017年5月24日 11:00

升毅、芸能生活42年目で初主演「やっぱり主演はやってみたかった」

升毅、芸能生活42年目で初主演「やっぱり主演はやってみたかった」
升毅’55年12月9日生まれ。初主演の映画『八重子のハミング』のほか、『ラストコップ』『トモシビ』『ピーチガール』にも出演中
公開中の映画『八重子のハミング』で、升毅が芸能生活42年にして初めてとなる“主演”を果たした。これまで“バイブレーヤー”“いぶし銀”と称され、名脇役として活躍してきたが、初主演を務めるにあたっての心境をインタビュー!

「単純にうれしかったですね。やはり主演はやってみたかったですから。ただ、実在する方のお話なので演じるうえですごく重みがありました」

映画『八重子のハミング』のオファーを受けたときの心境を、役の重みを噛みしめるようにこう表現した。

升が演じたのは、自らも4度のがん手術を受けながら、若年性アルツハイマー病の妻を介護する夫の役だ。

現場の雰囲気作りで心がけたことを聞くと、芸歴の長い彼にしては意外な答えが返ってきた。

「今回はそこまで至りませんでしたね。周りのことを考えている場合じゃないぞという気持ちが強かったです。自分が主役をできるかどうかわからなかったんですよ」

これまでに経験したことのない苦労だったと続ける。

「今まで演じてきた役というのは、台本を読んだときに “このときはこういう感じかな”というふうにイメージができていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.