くらし情報『“ママアナ”赤江珠緒 産休復帰決めさせた両親と博多大吉の言葉』

2018年9月23日 06:00

“ママアナ”赤江珠緒 産休復帰決めさせた両親と博多大吉の言葉

周囲からかわいがられ、いたぶられるサンドバッグ感が赤江の持ち味です。出産後、午後枠でもう一度、番組に戻れたのも、赤江だからできたことだと思います」

仕事に復帰したいまも、赤江さん自身は日々迷い、悩む。兵庫にいる両親も、たまに手伝いに来てくれる。夫も、離乳食の作り方を覚えて、支えてくれる。それでも揺れてしまう自分を、叱咤激励しながら仕事に向かう。

「気をつけていても、日々、揺らぐ。保育園も祝日は預かってくれないところが多くて、“育休”をとらないとしのげないこともありました。常に心配が先回りするんです。せめて自分を追い込まないようにと思っていますが」

赤江さんの悩みは、働きながら、結婚、出産し、子どもを育てる女性、誰もが持つものばかりだ。

「ひとつ気づいたのは、親になると親のありがたみがわかると言いますが、私の場合逆なんです」
両親は、これまで常に赤江さんのお手本だった。

「親孝行しなければと思っていたし、子どもに対しても、専業主婦の母を見て、母親とはこうあるべきだと思っていたんですね」

それが自分自身を縛り、自分を苦しめていた部分があったという。

「でもよくよく考えると、私も姉も幼いころ大けがしているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.