くらし情報『江波杏子さん急逝…女優魂再燃させた“松坂桃李との濡れ場”』

2018年11月2日 19:36

江波杏子さん急逝…女優魂再燃させた“松坂桃李との濡れ場”

江波杏子さん急逝…女優魂再燃させた“松坂桃李との濡れ場”


江波杏子さんが10月27日、肺気腫の急性増悪のため亡くなった。76歳だった。

各スポーツ紙によると江波さんは肺気腫を長年患っていたが、これまで日常生活に支障はなかったという。しかし先月26日に体調不良を訴え、緊急入院。翌日の午後、息を引き取った。

66年の映画「女の賭場」で演じた女賭博師役が評判を呼び、以降“映画女優”として活躍した江波さん。近年では11年「カーネーション」や16年「べっぴんさん」といったNHK朝の連続テレビ小説にも出演し、お茶の間でもその存在感を発揮していた。

あまりに突然すぎる死――。Twitterでは驚きとともに、悲しみの声が上がっている。

《一本筋の通った女性が持つ美しさ、凛としたかっこよさ。若い頃もお歳を召してからも実にお美しかった》
《語り、表情、所作、美しさ、儚さ、今でも忘れられません》
《かっこよくて好きな女優さんでした。残念……》

公開されているものでは、今年4月に公開された松坂桃李(30)の主演作「娼年」が最後の映画作品。同作で江波さんは松坂演じる男娼を”買う”老女を演じ、その艷やかな演技が大評判。ファン層をさらに広げていた。実は江波さんにとって、同作はターニングポイントだったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.