くらし情報『温水洋一 俳優生活のために妻と決めた「家族ルール」明かす』

2018年11月19日 06:00

温水洋一 俳優生活のために妻と決めた「家族ルール」明かす

温水洋一 俳優生活のために妻と決めた「家族ルール」明かす


「同い年の俳優さんと話すんです。『若いころから一緒に芝居してるけど、30年もよくやってきたよね』って」

そう話すのは、小心そうな雰囲気で、俳優として出演する作品以外に路線バスでの旅番組でもお茶の間を和ませる温水洋一(54)。今年で芸歴30年だ。

「第一線ではなく“脇を固める”というんでしょうかね、隅っこからちょっと真ん中寄りの“第二線”あたりにいて、役者で食べられるのはありがたいことです」(温水・以下同)

演劇との出合いは高校時代。気になるクラスの女子の勧めで演劇部に入ったのがきっかけだった。現在は、三島由紀夫原作の舞台『命売ります』(11月24日~12月9日/東京・サンシャイン劇場、12月22日/大阪・森ノ宮ピロティホールにて)の稽古に余念がない。

「台本にはなかったのに、歌うと突然言われて。聞いてなかったんですけど、まぁ歌が入るとメルヘンチックになるから……。舞台で歌うのは15年前の三谷幸喜さんのミュージカル『オケピ!』以来。パートに分かれたりハモったり、結構難しいんです」

物語は、自殺に失敗した主人公(東啓介)が、自分の命を捨て売りしようと「命売ります」という新聞広告を出すことから始まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.