くらし情報『紺野ぶるま 松本称賛も…「AKBにいそうは悪口」ネタが物議』

2018年12月11日 17:43

紺野ぶるま 松本称賛も…「AKBにいそうは悪口」ネタが物議

紺野ぶるま 松本称賛も…「AKBにいそうは悪口」ネタが物議


12月10日、日本一の女芸人を決める『THE W女芸人No.1決定戦』(日本テレビ系)が放送された。今年は昨年王者のゆりやんレトリィバァ(28)が早々に敗退する波乱の幕開け。激戦を制し、結成12年目の阿佐ヶ谷姉妹が見事優勝を果たした。

その一方で、ある出場者のネタが物議を呼んでいる。ピン芸人の紺野ぶるま(32)だ。

下ネタ大喜利やデフォルメした女性を独特な視点で演じるネタなど、多彩な才能で人気を集める紺野。昨日は田舎から飛び出し女優デビューするも、夢破れて故郷に戻ってきた女性を自虐気味に演じていた。

《女優がダメなら趣味とか特技伸ばしたタレントになればいいじゃない?競馬とかパチンコのこと言ってるでしょ?私あっちのこと墓場って呼んでるから。ねえどうしてくれる?》
《いっそのこと勇気振り絞ってグラビア?このレベルの女がやるグラビアにもはや布って与えられないからね?》

など皮肉たっぷりなネタを披露。僅差で横澤夏子(28)に敗れるも、副音声を担当していた松本人志(55)は「僕は好きですけどねえ」と称賛を送っていた。

問題となったのは、この後。《地元のみんなも私がAKBにいてもおかしくなかったって言ってくれてる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.