くらし情報『藤真利子さんが語る「女優をしながら実母を介護した11年」』

2019年3月7日 06:00

藤真利子さんが語る「女優をしながら実母を介護した11年」

そうしてヘルパーが来るものの、「ヘルパーは“アタリ”、“ハズレ”が激しくて、私がぜんぶできなければ、在宅介護は無理だった」とは、いまだから言えることだ。それまで温室育ちで、印鑑の保管場所も知らなかった藤さんには、はじめてのことの連続だった。

「尿バッグからの尿の破棄、お尻に管を入れるブジー、清拭、食事介助、口腔ケア、投薬、飲水、調理、掃除、洗濯と、すべて自分でやるようになりました」

障害者支援費制度に加え、要介護5の介護保険も利用したが、家のリフォーム代や医療費、看護師、ヘルパー代、生活費で家計は逼迫。

「お金が必要ですから、仕事復帰しなければなりませんでした。撮影現場では稼働時間が限られ、“使いづらい女優”だったかもしれません。迷惑をかけたと思います」

部分的に仕事しながらの介護は続いたが、母は糖尿病性腎症、膜性腎症でむくんでしまっていた。’16年にはS字結腸捻転症で、腸の一部を切除してストマ(人工肛門)にする手術の是非に迫られる。

「私は、母が91歳の高齢にもかかわらず、『すこしでもよくなってほしい、治ってほしい』一心で、手術してもらうことにしました。それが結果、悪い方向へ導いてしまったのかもしれません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.