くらし情報『永野芽郁も燃え尽き症候群に…先輩女優も悩んだ朝ドラの重圧』

2019年3月8日 11:00

永野芽郁も燃え尽き症候群に…先輩女優も悩んだ朝ドラの重圧

それだけに、撮影後はみな燃え尽き症候群のようになってしまうようです」(芸能関係者)

しかし充電期間を経ることで、“脱皮”する女優も多い。前出の芸能関係者は続ける。

「2014年放送の『花子とアン』で主演を務めた吉高由里子(30)は放送終了後、しばらく連続ドラへの出演を控えていました。しかし17年からは毎年出演し続け、女優としての力を見せつけています。また夏菜さんもしばらく悩んでいたといいますが、17年にWEBドラマでキャバ嬢役を演じて心機一転。バラエティでは暴露キャラとしても引っ張りだことなっています。重圧に耐えたからこそ、成長も大きい。だからこそ、みんなが朝ドラヒロインの座を目指すのです」

永野にも、再び自分なりの楽しみを見つけられる日が来てほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.