くらし情報『61歳の米女性、同性婚した息子のために孫を出産』

2019年4月2日 13:07

61歳の米女性、同性婚した息子のために孫を出産

61歳の米女性、同性婚した息子のために孫を出産


先月25日、米ネブラスカ州で61歳のセシル・エリッジさんが元気な女の子を出産した。しかし、この赤ちゃんは彼女の娘ではなく孫だ。

セシルさんの息子マシューさんはエリオット・ドハティさんと同性婚している。2人から子どもを持ちたいと相談されたセシルさんは、何のためらいもなく代理母となることを申し出たという。

61歳という高齢であることから、妊娠と出産に体が耐えられるのか医師による検査が行われた。不安になったセシルさんは、医師が「これは無理ですね」と言ってくれることをうっすら期待していたが、「あなたができない、という根拠は全く見つかりませんでした」と太鼓判。マシューさんの精子と、エリオットさんの妹が提供してくれた卵子を体外受精させ、受精卵はセシルさんの子宮に移植された。

セシルさんは、息子を妊娠していたときより慎重にマタニティ期を過ごす覚悟を決めたという。USA TODAYの取材に、「もし何か起こったら後悔してもしきれない。大好きなコーヒーも完全に断ったの」と語る。

そんな努力が実り、何事もなくセシルさんは2,326グラムのかわいい女の子を出産。エリオットさんは分娩室で撮影した写真をFacebookでシェアしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.