くらし情報『林眞須美死刑囚の長男「母を見殺しにして幸せになれるか」』

2019年4月25日 06:00

林眞須美死刑囚の長男「母を見殺しにして幸せになれるか」

当然、その場で解雇です。『衛生上よくない』と、解雇理由を告げられたこともありましたね」

母に、被害者についてどう思っているのかを尋ねたことがある。答えは、こうだった。

「私も子ども持っている。子どもを失った親の気持ちはわかるし、気の毒だと思う。でも憎しみの対象として私に矢を射られても困る。私は、やってないんだから」

実はかつて、真剣に結婚を考えたことがあったと、信一さんは記者に打ち明けた。

恋人には、林健治、眞須美の長男だと、正直に告げた。相手はすべてを了解して交際が始まったが、一つだけ条件があった。

「私の両親には、絶対にその事実を隠し通してほしい」

やがて結婚を約束するまで進んだとき、信一さんの心が次第に揺らぎ始めた。婚約者は、「林家から籍を抜き、知らない場所で新たな人生を考えましょう」と言ってくれた。

「彼女の気持ちはうれしかった。でも一方で、本当にそれで幸せなのかという悩みが常にあった。そんなとき、先方のご両親に、うちの墓について聞かれたのをきっかけに、『実は』と、すべてを打ち明けました」

すると、両親が「もう娘には近づかないでくれ」と言った。婚約者の彼女もまた、「あれほど言わないでとお願いしたのに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.