くらし情報『林眞須美死刑囚の長男「母を見殺しにして幸せになれるか」』

2019年4月25日 06:00

林眞須美死刑囚の長男「母を見殺しにして幸せになれるか」

「お母さん、僕たち4人の子どもに申し訳ないという気持ちはあるの」

母が、面会室のアクリル板の向こうで急に涙を浮かべた。

「成長したあなたから、そんなことを言われるのがいちばんイヤだ。もちろん、すまないと思っている、申し訳ないと思っている。でも、もう取り返せない」

信一さんは、自分に言い聞かせるように呟いた。

「母が無実を訴え続けている以上、最後まで見届けるしかないと思うんです」

10年前に母親の死刑が確定した4月21日が今年も訪れた。その数日後には、日本中が「令和」という新しい時代の到来に沸く。そんななか、平成の闇にからめとられたまま、重すぎる荷を背負って生きるしかない家族がいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.