くらし情報『斎藤工 脚本家デビュー!女性客赤面させる昼顔越えの過激内容』

2019年5月29日 16:00

斎藤工 脚本家デビュー!女性客赤面させる昼顔越えの過激内容

斎藤工 脚本家デビュー!女性客赤面させる昼顔越えの過激内容


「工くんは変装もせず、1人堂々と舞台を見ていました。きわどいシーンになると、ニヤリと顔をほころばせていたのが印象的でしたね」(観劇した女性客)

5月14日、東京・下北沢にある小劇場を訪れたのは斎藤工(37)。ドラマや映画に引っ張りだこの斎藤がキャパ100人ほどの過激な舞台を見にきたのは“理由”があった。

「実は、公演していた舞台の脚本を斎藤さんが書き下ろしていたんです。彼が演劇の脚本に挑戦するのは初めてです。大々的に告知をしていないため、ファンの間でも知っている人はごくわずかだったようです」(演劇関係者)

公演を行っていたのは劇団『女々』という演劇ユニット。生々しい男女の情念を題材に扱うことが多く、一部の演劇マニアから“下ネタ演劇”と呼ばれ注目を集めている。

「今回、上演していたのは『ドブ恋』と呼ばれる人気演目です。『日本の足を引っ張るドブの様な連中の、ドブの様な恋を描いた物語』をコンセプトに、実際にあった恋愛の話をオムニバス形式で描いています。18歳未満は入場禁止の過激な内容ですが、これまでに約1万人も動員してきた劇団の“看板作品”です」(前出・演劇関係者)

舞台は複数の下着姿の男女が登場し、激しく絡み合うオープニングからスタート。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.