くらし情報『『凪のお暇』高橋一生演じる“不器用なクズ男”に応援の声殺到』

2019年7月30日 11:00

『凪のお暇』高橋一生演じる“不器用なクズ男”に応援の声殺到

『凪のお暇』高橋一生演じる“不器用なクズ男”に応援の声殺到


黒木華(29)主演ドラマ『凪のお暇』(TBSテレビ系)の第2話が7月26日に放送された。累計250万部を超えるコナリミサトの人気漫画を実写化。主人公・大島凪 (黒木華)は都内家電メーカーに勤める28歳OL。空気の読みすぎで倒れた凪が、仕事も恋もSNSも全て捨てる人生リセットドラマだ。

引っ越したアパートで隣人の小学生・うらら(白鳥玉季)や真上に住む緑(三田佳子)らと少しずつ親交を築いていく凪。謎多きお隣の安良城ゴン(中村倫也)と公園での素朴なデートではあわやキス寸前の雰囲気にまで。しかし、そんなときに元カレの我聞慎二(高橋一生)がアパートにやってきて……というのが第2話のあらすじ。

凪の前では傍若無人の限りをつくすモラハラ男になる慎二。和やかに進んでいたアパートでのババ抜きでは、凪への呪いの言葉を投げかける。そして、凪が呪縛を振り払うと途端に豹変し「苦手なんすよね~、アットホームごっこ。反吐が出ます」と捨て台詞を吐いて帰ってしまう堂々たる“クズ男”だ。

しかし実際の慎二は未だに凪への気持ちを捨てきれず、好きな女の子に対してイジワルをしてしまうまるで小学生のようなメンタルの持ち主。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.