くらし情報『ヨーロッパではスーパーの棚に!健康にも環境にも良い昆虫食』

2020年1月30日 15:50

ヨーロッパではスーパーの棚に!健康にも環境にも良い昆虫食

でも、蓋を開けてみれば驚くほどの反響で、たくさんの方が注文してくださっています。こちらの想像以上に、昆虫食への関心が高いことがわかりました」

いま、世界的に、食材としての昆虫に注目が集まっている。

昨秋、あの無印良品を展開する良品計画からも、衝撃の発表があった。それは、’20年春から新商品として「コオロギせんべい」を販売するというもの。「量産されたコオロギをパウダー状にして、せんべいに練りこみ商品化」するという。

なにゆえ、いま昆虫食なの?

「きっかけは’13年に国連の食糧農業機関(FAO)が公表した報告書です」

こう教えてくれたのは、食用昆虫科学研究会の副理事長で、『昆虫を食べる!』(洋泉社)という著書もある水野壮さん。

10年後に世界の人口が90億人近くに達するといわれるなか、そこで生じるであろう食糧問題の解決策の1つとして、同報告書では、昆虫を食用としたり家畜の飼料にしたりすることを推奨している。水野さんはさらに、こう続ける。
「従来、その高い栄養価は知られるところでしたが、このレポートで注目されたのが環境負荷の観点からの昆虫の有用性です。たとえば同量のタンパク質を生産する場合、牛など従来の家畜に比べ、温室効果ガスの排出量や必要な飼料量など、多くの面で昆虫は環境負荷が非常に少ないと報告されています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.