くらし情報『ヨーロッパではスーパーの棚に!健康にも環境にも良い昆虫食』

2020年1月30日 15:50

ヨーロッパではスーパーの棚に!健康にも環境にも良い昆虫食

そこで、まず昆虫食に目覚めたのがヨーロッパの、日ごろから環境問題に関心を寄せる、いわゆる“意識高い系”の人たち。

「日本ではまだ、どこか肝試し的な“イベントフード”の域を出ていない昆虫食ですが、ヨーロッパではすでにスーパーの棚に一般的な食材と並んでミールワームが置かれていたり、コオロギの粉末を練りこんだパスタが売られていたりします。その意味で今回、無印良品がコオロギせんべいを売り出すというのは1つの転換点。いよいよ日本も本格的な昆虫食時代を迎えるのかなと注目しています」

水野さんによれば近年、昆虫の養殖にビジネスチャンスを見いだした企業などから同研究会への問い合わせも増えているのだそう。

「近い将来、現在の主なタンパク質である牛、豚、鶏、魚介などに、虫が加わったとしてもなんら不思議はないと思います」(水野さん)

「女性自身」2020年2月11日号 掲載

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.