くらし情報『鈴木杏樹は裏表が…筆跡仕事人が謝罪書名で診断した本当の性格』

2020年2月20日 06:00

鈴木杏樹は裏表が…筆跡仕事人が謝罪書名で診断した本当の性格

また、「木」「杏」「樹」の頭部の突出する部分があまり出ていないのは、控えめで相手に合わせる人、女性であれば“男性を立てる”人物。

【 田口淳之介(34)】大麻所持で逮捕’19年6月10日謝罪

「田」「口」の左側が上下開くのは、思いやりがあってよく話を聞くタイプ。一方で、これが目立ちすぎる人はルーズでだらしない人。「田」「淳」「介」が大きく、「口」「之」は小さい。このように大小が混同する文字を書く人は平凡さを嫌い、波のある人生、波乱を求める傾向にある。

【 小出恵介(36)】淫行事件’17年6月4日謝罪

「出」縦線が下に突き抜けている。これは「異常接筆」といって、トラブルメーカーに多い文字。トラブルに対して、鈍感で、ブレーキをかけて止めるべきところを突き進んでしまう。ここまで突き抜けるのも珍しい。

「直筆文字にはその人の思いや“体温”も乗る。そういう点で、直筆で書く人のほうが潔く、思いを伝えようとしていると言えます」(芳田さん)
署名だけでも直筆で書いた3人の潔さだけは確かなようだ。

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.