くらし情報『脳炎から認知症になる可能性も 専門家危惧するコロナ後遺症』

2020年6月16日 06:00

脳炎から認知症になる可能性も 専門家危惧するコロナ後遺症

(前出・医療ジャーナリスト)

実際、前出・内野院長の病院には、外出自粛やデイサービスに行かなくなったことで「症状が悪くなった」と駆け込んでくる認知症患者が一気に増えたという。

「介護施設でも、家族の面会が禁止されてしまうなどして、認知症の悪化がエスカレートしています。さらに、コロナに感染した場合、それまで認知症ではなかった人も脳炎などによって認知症を発症することはありえます。認知症自体は、病気ではなく認知機能が落ちた状態のことをいいますが、脳炎によって認知症が重くなることも十分ありえます。

また、コロナに感染した場合の隔離生活や、感染していなくても長引く自粛生活によって、人に会わないなどの生活が続く場合、これまで認知症を発症していなかった人が、それを機に発症してしまう可能性もあるんです」

コロナによる脳炎で認知症になってしまうケースもあれば、長期間の“巣ごもり”で認知症を発症、または悪化させてしまうケースもあるというのだ。

現在、すでに認知症の症状が出ている人はさらに困難な状況に置かれていると内野院長は危惧する。

「短期の記憶を忘れてしまう認知症患者は、新型コロナのこと自体を認識できないこともありえます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.