くらし情報『「負けを認めるのは大切」朝ドラ『エール』名ゼリフ集2』

2020年7月5日 11:00

「負けを認めるのは大切」朝ドラ『エール』名ゼリフ集2

第57話、あの世で宝くじに当たり現世への旅を許された安隆が、梅に含蓄のある言葉を。

第57話、あの世で宝くじに当たり現世への旅を許された安隆が、梅に含蓄のある言葉を。



夢に向かって音楽の道を歩む、裕一や音たちの姿に心打たれるNHK朝の連続テレビ小説『エール』。放送の再開が待ち遠しい……との声に、そのタイトルどおり、2人を、視聴者を勇気づけた名ゼリフを振り返ります。

【第24話】「私は音楽と出合って救われた。自分の存在を認められた。あなたには私みたいなつらい思いをしている人たちに力を与える曲を作ってほしいの」ーー御手洗清太郎

子どものころ「男なら男らしくしろ」と学校の先生に殴られ、泥水を飲まされたりと、つらい経験をした音の歌の先生である御手洗(古川雄大・32)は、ドイツ留学で世界観が変わったことを告白。イギリスへの留学を控えた裕一に期待をかけた。

【第28話】「割れなきゃ、何べんでもかむの!大事な人のためなら、向こうがあきれるほどやるの!」ーー関内光子

留学が世界的な不況で取り消しになった裕一の才能を生かすため、音はレコード会社に売り込みを続ける。結果が得られず諦めかけたとき、光子が雷おこしをかじりながら頼もしく激励を。

【第47話】「だからなんで売れなかったときのこと考えんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.