くらし情報『「昔の保険は解約しない方がいい」は間違い、専門家が指摘』

2020年11月18日 11:00

「昔の保険は解約しない方がいい」は間違い、専門家が指摘

また、年金として支払う分を銀行預金として貯蓄しておこうと考える人もいますが、それでは、将来的にインフレなど経済的な変化が起きたときに対応できません。公的年金の不足分を自分で補う準備は必要ですが、同時に国の制度も活用していきましょう」(吹田さん)

【間違い2】今さら何をやっても年金受給額は変わらない

「50歳からでも年金受給額を増やす方法はあります。1つは、60歳以降も厚生年金に加入して働くこと。継続雇用制度を利用し、定年退職後も現在の職場で働ければ、厚生年金に加入でき、将来受け取れる老齢厚生年金の額を上乗せできます」(吹田さん)

2つ目は、国民年金にあたる老齢基礎年金を増やす方法だ。

「60歳以上65歳未満で、厚生年金に加入していないことが条件となりますが、国民年金の納付期間が40年に満たない場合、60歳以降でも任意加入し、受給額を増やすことができます。特に専業主婦は、夫の扶養に入っている間、国民年金を自身で支払っていないため、納付期間が40年に達していない人がほとんど。ぜひ活用を」

仮に現在の年金水準で60歳から5年間任意加入したとすると、総納付額は99万2,400円だが、1年間で約9万7,700円受給額が増加。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.