くらし情報『小林麻耶「夫婦で孤立深めた」関係者語る契約解除までの裏側』

2020年11月13日 19:50

小林麻耶「夫婦で孤立深めた」関係者語る契約解除までの裏側

19年7月、実家近くで談笑しながら歩く麻耶と夫の國光氏。

19年7月、実家近くで談笑しながら歩く麻耶と夫の國光氏。



小林麻耶(41)の突然の「番組降板」と所属事務所との「契約解除」が波紋を呼んでいる。

11月12日の早朝、小林は木曜レギュラーを務める『グッとラック!』(TBS系)の降板を自身のYouTubeの公式チャンネル『コバヤシテレビ局』で報告。さらには「番組内でイジメにあっていたのに事務所が守ってくれなかった」という趣旨の発言をした。同日、所属事務所の「生島企画室」が契約解除を発表し、TBSはイジメを否定した。

ネット上では憶測が飛び交っているが、そんななかで仕事関係者が複雑な背景を明かした。

「最近の麻耶さんは、どんどん制御不能になっていました。それに伴い、一緒に怒り、悲しんでくれる夫と共鳴し合い、結果的に夫婦の世界に閉じこもり、周囲と孤立してしまったのではないでしょうか。事務所の言うことにも耳を傾けなくなっていったそうです」

そもそも、ことの発端は10月29日オンエアされた『グッとラック!』だった。立川志らく(57)が「母親がいないとね、子どもにとっては不幸なこと」などと発言。それについて、小林は「そうは思わない」ときっぱり反論。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.