くらし情報『「6人家族なら」「民度が…」麻生太郎氏コロナ禍“暴言”振り返る』

2020年12月23日 15:50

「6人家族なら」「民度が…」麻生太郎氏コロナ禍“暴言”振り返る

「6人家族なら」「民度が…」麻生太郎氏コロナ禍“暴言”振り返る


「会食だけ気を付けても話になりませんな。はい?会食のやり方?家族が多いところはどうするんです?6人家族だったら。飯は一緒に食うなということ? あなたの意見ですか?」

12月18日の記者会見で、財務大臣兼副総理の麻生太郎氏(80)はこう言い放った。8人による“ステーキ忘年会”に菅義偉首相(71)も参加していたことを記者に問われての返答だ。

12月11日には政府の新型コロナ対策分科会が、会食は「なるべく普段から一緒にいる人と少人数で」「大人数、例えば5人以上の飲食は感染リスクが高まる」と注意を促していたばかり。

副総理でありながら政府の呼びかけを真っ向から否定し、“他人との会食”と“家族での食事”を同一視する詭弁に世の人は大いに呆れた。ツイッター上ではこんな指摘が。

《同居する家族6人でご飯を食べるのと、それぞれ家族を持っている6人の他人が集まって会食するのとで、感染拡大のリスクが同じわけないだろう》
《政府が呼び掛けてる「5人以上の会食は控えて下さいは」最初から他人同士の話なんだよ!総理・政府要人がそれを侵した途端、言い訳に大家族を引っ張りだすとは呆れ返るほどの幼稚さ!》

「Go Toイート」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.