くらし情報『伊東四朗が振り返る芸歴60年間…就活全滅で演技の世界へ』

2021年3月1日 11:00

伊東四朗が振り返る芸歴60年間…就活全滅で演技の世界へ

昨年末、急逝した小松政夫と17年に撮った最後の2ショット

昨年末、急逝した小松政夫と17年に撮った最後の2ショット



芸歴60年超、老いを感じながらも、新作舞台に挑む「最後の喜劇人」、伊東四朗(83)。演劇の世界に入ったのは、就活で全滅したことがきっかけの一つだったという。

伊東四朗は昭和12(1937)年6月15日、東京市下谷区(現・東京都台東区)で生まれた。本名、伊藤輝男。5人きょうだい、下から2番目の三男坊だ。明治29年生まれの父・金三郎は昔気質の職人で“遊び人”。とはいえ、この“遊び人”の父が、伊東のエンタティナーとしての素地を作ってくれた。

「歌舞伎は親父の影響かな。着流しで三味線を弾いて小唄を唸るし、小さいときから歌舞伎座にはよく連れていってもらいました」

やがて戦火が激しくなり、戦争末期には母の実家のある静岡県掛川へ一家で疎開した。その掛川に、13歳年の離れた長兄が復員し、素人劇団を結成する。

「兄に『子役がほしいから、おまえ出ろ』と言われて出たのが、あたしの初舞台。小学4年生でした」

高校卒業後は就職希望だったが、強面が災いしたのか、就職試験は全滅だった。

「筆記は通るんです。でも、面接で落とされる。完全コネのはずの会社まで落っこちた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.