くらし情報『佐々木宏氏「オリンピッグ」が2つの意味で無知と言われる訳』

2021年3月20日 06:00

佐々木宏氏「オリンピッグ」が2つの意味で無知と言われる訳

とーー。

「渡辺さんはもともと、自分の体型に対してポジティブだったわけではなかったといいます。10代のころは『自分は太っているから……』とネガティブな時期もあったと、過去の取材で語っていました。当時は、周囲から太っているキャラとしてぞんざいに扱われることにも慣れてしまっていたそうです」(ファッション関係者)

しかし『このままではいけない』と、自分の意識を変えることにしたという。

「化粧やファッションを目一杯楽しんで、もっと自分を愛そうと努力した。そうすることで人生がより楽しくなり、仕事も順調になっていったといいます。それでも『デブなのに』という人はいたそうですが、『太ってる人にデブって言って何が楽しいんですか?』という毅然とした考えを持てるようなったそうです」(前出・ファッション関係者)

そうしてコンプレックスを乗り越えた渡辺には、仕事を通して伝えたいメッセージがあった。19年4月、『ハーパーズ バザー』の公式サイトで「自分の体を否定せず好きになってほしいと思う。それは太りたくても太れない人でも背が低い人でも同じ。どんな体形も素敵なんだと発信し続けたい」と語っている。

「誰かと比べるのではなく、自分と向き合おう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.