くらし情報『「チェリまほ」プロデューサー「赤楚さんの愛され力は貴重」』

2021年4月2日 15:50

「チェリまほ」プロデューサー「赤楚さんの愛され力は貴重」

(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会

(C)豊田悠/SQUARE ENIX・「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会



昨年度話題No.1ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京系)Blu-ray BOX発売を記念して、本間かなみプロデューサーにドラマの舞台裏を聞きました。

――赤楚衛二さん、町田啓太さんの起用理由をそれぞれ教えてください。

「安達は“モサく”したい一方で、応援したくなる人物にしたいと考えていました。ですので、陰の空気を纏っても埋もれない愛らしさ、少年らしい無垢さを感じられる方が良いと思っていました。赤楚さんは元々、生っぽくて心の通いが見えるお芝居が魅力的だと感じていました。赤楚さんが安達を演じてくれたら“愛される安達”になると思い、オファーさせていただきました。

黒沢は、人間らしさやいじらしさを醸し出せて、コミカルシーンを真面目に演じる際に面白くなる方を想像して、町田さんにオファーさせていただきました。個人的な感覚ですが、黒沢の恋心を描く上でフォーカスを当てたかった『切なさ』や『ピュアさ』が映える方だと、感じたのも大きかったです」

――実際にお二人に会った第一印象は?

「赤楚さんはいい意味での普通っぽさに驚きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.