くらし情報『49歳で出産した小松みゆき見せた涙 子のため「長生きしなきゃ」』

2021年6月21日 11:00

49歳で出産した小松みゆき見せた涙 子のため「長生きしなきゃ」

結果は、夫婦共に“問題なし”。つまりは、私が高齢であることが主な原因とわかるんです。しかし、そこの病院では『回数を重ねるしかない』といった助言でしたから、埒があかないと判断し、すぐに最初の転院をします」

そうして、転院7回、顕微授精14回、高度不妊治療を7年間、総額1,000万円という不妊治療の長い苦難の道のりが始まった――。

「ずっと2人だけで暮らしてきたのだから、そんな生活が、この先も続いていくんだろうな」

夫婦共に、半ば諦めと共にそう考え過ごしていた20年6月半ばのこと。49歳の誕生日を迎えたばかりの小松さんに、待望の妊娠が告げられる。

当時日本ではメジャーでなかった「着床前診断」を自分で調べ、その検査を終えてから届いた知らせだった。小松さんは、かつてない、ある確信に満ちた喜びを心から感じていた。

「今度は受精卵の検査もして、しっかり着床するはずの卵なのだから、この先もきっと大丈夫と思えたんです」

9月14日、5カ月を過ぎ、安定期に入ったところで妊娠を公表。そして2月18日、3,357gの元気な女の子が誕生した。

「帝王切開ですから、いわゆる産みの苦しみといった達成感もなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.