くらし情報『解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法』

2021年6月24日 06:00

解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法

「発熱や悪寒には『カロナール』のほか、イブプロフェンを含む『イブ』、ロキソプロフェンを含む『ロキソニン』など、ふだん服用しているもので問題ないと思います」(友利先生)

ただし、むやみに多量を服用するとワクチンの効果に影響しかねないので注意が必要だそうだ。

さらに「2回目のワクチン接種の翌日は、できればお休みを」というアドバイスも目立った。

「前日にカレーを作り置きしたり、デリバリーを活用するなど、家事を減らしておくと安心だと思います」(友利先生)

「家族や職場の同僚とは、できれば2~3日の間隔をあけて交代で接種をすると、副反応が出たときもお互いをカバーできて助かるでしょう」(森田先生)

内科医の相馬先生は、接種前の体調管理の重要性を強調する。

「腸内と口腔内の環境をきちんと整えて、免疫力のバランスをとっておくことがとても大切です」(相馬先生)

副反応の影響はけっして小さなものではないにしろ、ワクチンを接種するメリットはそれを上回るものだと5人の先生方は話す。「たしかに熱が出るのは怖いことです。しかし、それは同時に免疫反応が働いている証拠。そのことを冷静に捉える心構えも大切だと思います」(小林先生)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.