くらし情報『75歳から入れるものも!“本当にお得”な「民間介護保険」5選』

2021年10月20日 06:00

75歳から入れるものも!“本当にお得”な「民間介護保険」5選

30万円(10年有期年金)介護一時金特約100万円、認知症一時金特約100万円
〈払込み期間〉終身払い
〈診断一時金上限(最高いくらまで入れるか?)〉200万円
〈概要〉契約時に定めた年齢までに要介護2以上等に認定されなければ、支払った保険料のうち主契約部分が還付される。主契約は年金であるため初期費用に備える「介護一時金特約」や、認知症や軽度認知障害(MCI)と診断された場合に備える「認知症一時金特約」が付帯可能。なお、特約保険料は健康還付給付金の対象にならない。

「介護保険は、生涯介護認定を受けることがなければ月額保険料は掛け捨てになります。ですが、この商品は契約時に定めた年齢までに要介護2以上と認定されなければ主契約のみの払った保険料が戻ってくるというのが最大の特徴です。還付を受けたあと、保険を継続するにはこれまでと同じ保険料を支払うことになります」

掛け捨てに抵抗があるという人は検討の余地ありだ。

【4】アスモ少額短期保険「介護その時に」

〈保険料〉65歳加入:770円/75歳加入:3,077円
〈一時金がもらえる介護度〉要介護2または3(※1)、要介護4または5(※2)
〈試算要件〉重度介護保険金200万円、軽度介護保険金30万円、加入可能年齢65〜84歳
〈払込み期間〉100歳まで自動更新
〈診断一時金上限(最高いくらまで入れるか?)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.