くらし情報『大久保佳代子、いとうあさこも実践!“介護脱毛”女性が急増する切実な理由』

2021年10月21日 15:50

大久保佳代子、いとうあさこも実践!“介護脱毛”女性が急増する切実な理由

大久保佳代子、いとうあさこも実践!“介護脱毛”女性が急増する切実な理由


「やってます。いわゆるVIO(脱毛)。少しでもやっとくのが気遣いと言われました」

10月11日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)でこう告白したのは大久保佳代子(50)。

デリケートゾーンを指すVIO。大久保の脱毛の目的は美容ではなく“介護”だ。

おぎやはぎ・小木博明から今後も独身で介護が必要になった際、他人の手を煩わせないよう下半身をきれいにすることを勧められて始めたと、番組で明かしていた。その大久保の勧めで、いとうあさこ(51)も今年7月にVIO脱毛を始めたことをSNSで報告。

近年、この2人に限らず独身女性を中心に“介護脱毛”を行う女性が増えているというのだ。医療脱毛専門院・リゼクリニック新宿院の大地まさ代院長はいう。

「4年ほど前から、脱毛を希望する40代以降の患者さんが増えてきました。アンケートの結果、“自分の老後を想定し、毛が黒いうちにアンダーヘア脱毛をしたいと考える”行動を“介護脱毛”と命名しました。

’10年から’20年にかけてアンダーヘア脱毛を契約した40歳以上の女性患者数は75倍と右肩上がりに伸びています」

同院でのVIO脱毛の費用は5回コースで約10万円ほどだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.