くらし情報『「80年代のぶりっ子はナチュラル」さとう珠緒が“あざとい系女子”の計算高さを指摘』

2021年10月25日 06:00

「80年代のぶりっ子はナチュラル」さとう珠緒が“あざとい系女子”の計算高さを指摘

片思いのせつなさに共感した当時は中学生

片思いのせつなさに共感した当時は中学生



住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう!わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、大好きだったアイドルの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょう――。

「キョンキョンさんは今もかわいいですが、デビュー当時はまさに誰もが憧れたアイドル。あの逆三角形のシュッとしたあごになりたく、毎日、2時間ほどほっぺたをつねっていたんですよ。そしたら、ほんとにあごがシュッとして(笑)」

笑顔で語るのは、さとう珠緒さん(48)。

スーパー戦隊シリーズ『超力戦隊オーレンジャー』(’95~’96年・テレビ朝日系)が出世作となって以降、バラエティ番組などテレビの世界で活躍しているのも、“これだけのめり込むのも珍しい”といわれるほどの“テレビっ子”だったからかもしれない。

「ドラマも、バラエティも、映画も、歌も、すべての情報源がテレビでした」

ドラマで印象に残っているのは『うちの子にかぎって…』(’84年・TBS系)だ。

「それまで“かっこいい”イメージだった田村正和さんが小学校の先生役で、コメディ要素の強い演技がおもしろくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.