くらし情報『89歳NPO法人理事長が伝授「“貧乏ばあさん”にならない70歳からの処方箋」』

2022年1月14日 11:00

89歳NPO法人理事長が伝授「“貧乏ばあさん”にならない70歳からの処方箋」

通うのだとサボってしまいますが、来ていただくのであれば強制力があり、5〜6年継続できています」

【4】外出中に倒れたときを想定してバッグの中身を整える

「高齢になると外出先で何が起きるかわかりません。倒れたら意識があるとは限らないので、私は名刺に『延命治療は辞退致します』と万一の場合に備えた意思表示を記し、バッグに携帯しています」

人様にバッグの中身を改められる可能性もあるので、常に整理しておく習慣をつけると、緊張感がみなぎり元気でいられるという。

【5】同居で相続税が減税に

親子が同居していると相続税が安くなる特例がある。この制度を使えば相続税がゼロになるケースもあり、かなり得である。

「私は娘と2人暮らしで、毎日けんかです。しかし、言い争っても15分で水に流せる関係なので、これでも相性がよいと思えます。一方、実の母と娘でも許し合えないケースもあり、嫁と姑ならなおのこと遺恨が残ることも。ですから相続税減税になるからといって、相性のよくない人と、そのためだけの同居はおすすめできません」

【6】老年よ、財布を抱け

「家の権利書や預金通帳から年金証書まで、子に託してしまう人がいますが、これは感心できません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.