くらし情報『【BTS独占告白】デビュー時に本誌で語っていた不安と希望』

2022年5月21日 06:00

【BTS独占告白】デビュー時に本誌で語っていた不安と希望

【BTS独占告白】デビュー時に本誌で語っていた不安と希望


「デビューしたばかりの未熟者ですが、一生懸命頑張ります!」と深々と頭を下げたのは、当時19歳のラップモンスター(現在のRM)。’13年6月に韓国デビューしたBTSは、同年10月、プロモーションのために初来日。『女性自身』編集部にも訪れていた。

9周年を間近に控えた今回は、まだ「防弾少年団」のグループ名で活動していた7人の初々しいインタビューをお届け!

ーー韓国では寮で共同生活をしているそうですが、それぞれの役割を教えてください。

ジェイホープ(19・ラップ、ダンス)希望担当:シュガさんは“お父さん”で、ラップモンスターさんは何でも壊してしまう破壊能力を持っています(笑)。僕自身は、メンバーからお母さんみたいだと言われるけれど、実際はどうなのかな?

ラップモンスター(19・ラップ、リーダー)破壊担当:ジェイホープは、説教や文句が多いんです(笑)。よくみんなの間違いを指摘するし、僕が散らかしていると、いつも片付けるよう言ってくれます。

シュガ(20・ラップ)お父さん、作曲担当:僕がお父さんと言われる理由は、ラップモンスターが壊したものを修理したり、電球を替えたりしているからかなあ(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.