くらし情報『ベトナム戦争・枯葉剤と同じ猛毒が全国42市町村の山中に!豪雨による流出の可能性も』

2022年5月26日 06:00

ベトナム戦争・枯葉剤と同じ猛毒が全国42市町村の山中に!豪雨による流出の可能性も

除草剤が埋まる現場(写真:朝日新聞)

除草剤が埋まる現場(写真:朝日新聞)



全国の国有林に埋められている猛毒ダイオキシンを含む除草剤。近年、激甚化する豪雨災害によって流出への懸念が高まっている。どのような危険性があるのか、専門家に聞いたーー。

19日、日本気象協会による梅雨入り予想が発表された。今年の梅雨入りは例年より早く、九州南部では5月27日になる見込みだという。大雨のシーズンを迎えるなか、気がかりなのはこのところ毎年のように各地で起こる豪雨災害だ。

昨年7月には、豪雨によって静岡県熱海市の伊豆山地区で大規模な土石流が発生。死者26人、行方不明者1人の大惨事となった。また、一昨年7月に起きた「令和2年7月豪雨」では、全国的に河川の氾濫や土砂災害が発生。甚大な被害をもたらしている。

実は、こうした豪雨とともに、猛毒がばらまかれる危険性が懸念されているという。

「もう50年も前から、15道県42市町村の山中46カ所に有毒な除草剤が、26トンも埋められているんです。この除草剤はベトナム戦争の際にまかれた枯れ葉剤と同じ成分で、猛毒のダイオキシンが含まれているんです。これまでの調査で、すでに基準の17倍のダイオキシンが地中に漏れ出ている場所もあることがわかっています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.