くらし情報『「逆張りのための逆張り」ひろゆき ミセス炎上に“正義ごっこ“持論も「滑ってるよ」と冷ややかな声』

「逆張りのための逆張り」ひろゆき ミセス炎上に“正義ごっこ“持論も「滑ってるよ」と冷ややかな声

(写真:時事通信)

(写真:時事通信)



実業家のひろゆき氏(47)が6月13日にXを更新し、12日に配信リリースされたロックバンド・Mrs. GREEN APPLEの最新曲『コロンブス』のMVが“差別的”だとして公開停止された件に対し私見を述べた。

同曲は大手飲料メーカー「コカ・コーラ」のサマーキャンペーンのために書き下ろされたもので、問題とされたMVには同グループのメンバー3人が、歴史上の異なる年代の人物であるコロンブス、ナポレオン、ベートーヴェンに扮して登場。たどり着いた小島で“先住民”の類人猿と交流するストーリーを描いたもの。

コロンブスはこれまで「新大陸を発見した英雄」との見方をされてきた。しかし現在では、先住民を虐殺し征服したことや奴隷商人としての側面から、ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の植民地支配の象徴としてのネガティブな捉え方が広まっている。

ミュージックビデオではそんな”コロンブス”らが”先住民”の類人猿に人力車を引かせたり、ピアノや乗馬、天文学を教えたりする描写があり、「差別的だ」と批判の声が続出していた。

同グループのメンバーは同日、《類人猿を人に見立てたなどの意図は全く無く、ただただ年代の異なる生命がホームパーティーをするというイメージをしておりました》《決して差別的な内容にしたい、悲惨な歴史を肯定するものにしたいという意図はありませんでした》とした上で、《ある事象を、歴史を彷彿とさせてしまうMVであったというご指摘を真摯に受け止め猛省しております》と謝罪。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.