くらし情報『ハイブリッド弁護士のお悩み相談「事故物件の告知義務はどこまで?」』

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「事故物件の告知義務はどこまで?」

2017年11月20日 06:00
 

image


本誌のドキュメンタリーページ『シリーズ人間』に登場し、「あのキレイだけど押しの強い弁護士はナニモノ?」と、巷をにぎわせた仲岡しゅん弁護士。その正体は、男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士!大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士は、悪を許さぬ正義感と、美貌に似つかぬ義理人情を盾にして、法律を武器に日々奮闘中。そんなハイブリッド弁護士がトラブルをシュッと解決!

【今回の相談】「経営しているアパートで、お年寄りが孤独死。発見が遅れ、いわゆる“事故物件”になりました。事故のあとに1人でも住めば告知義務がなくなる“業界ルール”で、アルバイトを1カ月間、その部屋に住まわせています。その後は家賃も下げず、事故の件も明かさずに募集をするつもりですが、法的にOKですよね?」(60代男性・賃貸物件オーナー)

【回答】「そんな小手先の対策を取らず、正直に告知してはいかが?それが、貴方のためです」(仲岡しゅん

今回は、巷で話題になっている「事故物件」についてのご相談。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.