くらし情報『おぎやはぎ小木「枕営業得した人いた」metoo運動批判で炎上』

2018年1月12日 06:00

おぎやはぎ小木「枕営業得した人いた」metoo運動批判で炎上

image


ハリウッドにおけるセクハラ撲滅運動を取り上げた、1月10日放送の『バイキング』(フジテレビ系)。おぎやはぎ小木博明(46)ら出演者の発言に対し、twitter上で激しい非難の声が巻き起こっている。

昨年10月にハリウッドで表面化したセクハラ問題を契機に、性暴力被害者に連帯する「#metoo」運動は瞬く間に世界中へ広がり、「TIME’S UP」という新たな運動も始まっている。番組ではこうした経緯とともに、1月7日の第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式の模様をVTRで紹介。セクハラへの抗議を示すため黒いドレスで出席した女優たちの映像が流された。

VTR終了後、司会の坂上忍(50)がスタジオの出演者に意見を求めるが、松嶋尚美(46)は「あんなオッパイ半分見えてる服とかやめたほうがいい」、森泉(35)は「せっかくなら華やかなドレスを見たかったから残念」と発言。「#metoo」運動の問題意識とはかけ離れたコメントが続く。

さらに、おぎやはぎの小木は「セクハラを訴えた人の中にも枕営業で売れた人がいっぱいいたと思う」と持論を展開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.