くらし情報『【開運ヨガ】“水の気”を味方につけて美しくなる「魚のポーズ」』

2018年1月24日 16:00

【開運ヨガ】“水の気”を味方につけて美しくなる「魚のポーズ」

image


「戊戌年の’18年は、運のよい人と悪い人に大きく分かれる1年です。景気も変動が大きく、6月以降は徐々に悪くなりそう。世界的にも動乱の年になるでしょう」

そう話すのは、風水研究家の林秀靜さん。

「アメリカや中国、北朝鮮など国際情勢においての不確定要素も多く、日本の国力も低下しそうです。社会が乱れると、私たちも影響を受けて緊張し体も硬くなり、心身の不調を感じやすくなります。風水でも、今年は体の腎・膀胱の機能が低下しやすく、免疫力も落ちて感染症にもかかりやすくなります。運気が乱れるときは、風水で使う陰陽五行説。その五行である木・火・土・金・水の『気』のバランスを心がけたいもの。そして、緊張しやすい体を動かして心身をほぐすことが運気の安定に必要です。特にヨガで、体の軸となる背骨を動かすことがおすすめ。運気アップにつながりますよ」(林さん)

今では日本でも770万人が行っているヨガ。2020年には1,000万人を超えるといわれる勢いで普及している(『ヨガジャーナル』調べ)。

人気ヨガティーチャーの相楽のりこさんも、ヨガの魅力とその効能を語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.