くらし情報『フリーアナ寺田理恵子さん「在宅ワーク」の手芸が大反響に』

2018年2月2日 06:00

フリーアナ寺田理恵子さん「在宅ワーク」の手芸が大反響に

image


「手芸作品を販売する仕事を始めたときは、主人から『赤字だけは出さないようにね』と言われていました。私は、商品が売れて入金があったりすると、すぐにまた“新しい布”を買いに行っちゃうタイプなので(笑)。だから、その約束は結構ハードルが高かったんです」

そう言って、とてもよく通る弾んだ声で“在宅ワーク”の体験談を語りはじめたのは、フリーアナウンサーの寺田理恵子さん(56)。’80年代に“元祖アイドルアナ”として絶大な人気を博した寺田さんは、次女の子育てと介護の時期が重なった’10年ごろから在宅ワークをスタート。得意の手芸の腕を生かし、オリジナル作品を作ってはマーケットサイトに出展するようになった。

「小さなバッグやスモック、巾着といった“お子さんたちが使うもの”を製作していました。『働くお母さんの代理』ですから、すべて手縫いです。既製品と比べると多少不ぞろいなことはお許しくださいねとお伝えしながら(笑)」(寺田さん・以下同)

寺田さんが最初に出品したサイトは、会員制の「テトテ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.