くらし情報『翻訳から調査まで…主婦ができる「在宅ワーク」はこんなにある!』

2018年2月2日 11:00

翻訳から調査まで…主婦ができる「在宅ワーク」はこんなにある!

image


「いまやPCやスマホを使って自宅はもちろん、どこにいても仕事ができる時代ですから“在宅ワーク”という言葉も珍しくなくなりました。ただ実際に働くには、ある程度のビジネスのルールを知っておく必要がありますね」

そう話すのは在宅ワーカーの支援をする「フラウネッツ」理事長の宮田志保さん。この在宅ワーカーとは、おもにインターネットを使って仕事をする個人事業主のこと。介護中や子育て中でも、自分で時間の管理をしながら仕事ができるため、希望者が増えている。

では具体的に、どんな仕事が求められているのか?そこで今回、仕事にブランクのある主婦向けに開設されたサイト「シュフティ」に掲載中の案件から、すぐにでも始められそうな仕事をピックアップ!(「シュフティ」より抜粋。※なかには募集を終了しているものもありますのでご確認を)

【在宅コール】マーケティング会社

居住地域:全国。

報酬例:1件10円。

仕事の詳しい内容:アンケート資料を送付した方にお電話する簡単な仕事です。自宅でご自分のペースでこなしていただきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.