くらし情報『GENKINGが明かす「消えた説」の真相に壮絶な「性別適合手術」』

GENKINGが明かす「消えた説」の真相に壮絶な「性別適合手術」

2018年2月14日 11:00
 

image


「前は週に1度、洋服を買いに出かけましたが、今は週に1度お花屋さんで、家に飾るカサブランカかバラの花を買います。洋服もかなり捨てました」

こう語るのは、1月29日、昨年5月にタイで「性別適合手術」を受けたことを告白したGENKING(年齢非公開)。GENKINGと言えば、インスタグラムで「謎の美男子」として注目を集め、’15年に芸能界デビューするや、オネエとは違う“ニューキャマー”、「気分により男と女のときがある」、“ユニセックス”として一躍時の人となった。インスタグラムのフォロワーは100万人をほこった。

今年1月、自叙伝『僕は私を生みました。』(双葉社)を出版。そこには、3歳のころに気づいた性の目覚め、自分の性に対する違和感と苦悩、そして昨年7月に性同一性障害が認められて戸籍上も女性になるまでの半生がつづられている。

今回、女性として人生を歩み出したGENKING(本名・沙奈さん)が、本誌に、「性別適合手術」を受けたときのことを語ってくれた。

メディアで注目されて、芸能界デビューを果たしたGENKING

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.