くらし情報『ハイブリッド弁護士のお悩み相談「ベッドで母を拘束させたくない」』

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「ベッドで母を拘束させたくない」

2018年2月19日 06:00
 

image


男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士・仲岡しゅん氏。大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士が、みなさまのトラブルをシュッと解決!

【今回の相談】「毎週、介護施設に入っている認知症の母(80)の見舞いに行っています。徘徊するようになったため、面会に行くとベッドに拘束されていることがあります。施設には、『ほかの利用者の迷惑になるため』と説明されましたが、ベッドに拘束されて泣く母を見るのがつらく、法律でやめさせることはできますか?」(50代女性・専業主婦)

【回答】「認知症だからといって、お年寄りを拘束するのは違法です」(仲岡しゅん

結論から言いましょう。認知症だからといって、お年寄りを拘束するのは違法です。身体拘束は、本人にとっても不自由なのはもちろんのこと、ますます体が弱ることにつながりますし、何より人としての尊厳を害する行為です。

そして、今回問題になっているのは、介護施設での出来事。介護施設は、介護保険法に基づいて介護サービス提供者として指定を受けなければなりませんが、その指定基準である「介護老人保健施設の人員、施設及び施設並びに運営に関する基準」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.