くらし情報『ハイブリッド弁護士のお悩み相談「覚えのないレンタカーの傷で修理費を請求された…」』

2018年3月5日 06:00

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「覚えのないレンタカーの傷で修理費を請求された…」

image


男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士・仲岡しゅん氏。大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士が、みなさまのトラブルをシュッと解決!

【今回の相談】「レンタカー店に、つけていない傷の料金を請求されています。出発前の“傷チェック”がかなりアバウトだったのですが、『傷ナシ』にサインしてしまったところ、返却時にバンパー下の傷を指摘され、7万円を請求されました。でも、ぶつけた覚えは皆無。言いがかりとしか思えないのに、払う義務はありますか?」(30代女性・主婦)

【回答】「どんなささいな書類であっても、安易にサインしてしまうと、のちのち「自己責任」を問われるケースはとても多い」(仲岡しゅん

今回は、お金ではなくレンタカーの“貸し借りトラブル”ですわね。こういった、モノの貸し借りのことを、法律上は「賃貸借」と言い、モノを借りる人=借り主の守るべき義務がいくつか指定されています。

そのうちの1つが、「原状回復義務」です。借り主は、賃貸借契約が終了したとき、借りたモノを「原状回復」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.