くらし情報『【最終回】ハイブリッド弁護士のお悩み相談「出版社から連載終了を告知された」』

【最終回】ハイブリッド弁護士のお悩み相談「出版社から連載終了を告知された」

2018年4月2日 06:00
 

image


男性として生まれ、数年前に女性に「トランス」した男と女のハイブリッド弁護士・仲岡しゅん氏。大阪生まれ、大阪育ちの若き闘士が、みなさまのトラブルをシュッと解決!

【今回の相談】「雑誌『女性自身』でコラムの連載を始めてから、もうすぐ1年になります。ところが3月になって、担当編集者から『今月いっぱいで連載終了』と告げられたのです。連載開始時も口約束で、契約書はいっさい交わしていません。法的に連載終了にあらがうすべはありませんか?損害賠償請求もできないものでしょうか?」(30代女性・コラムニスト)

【回答】「結論を言いますと、連載休止もやむをえませんし、また損害賠償請求も困難と思われます」(仲岡しゅん

雑誌で執筆する契約は、いわゆる業務委託に当たります。そして、業務委託には、おおまかに「請負」の場合と「準委任」の場合があり、今回は「請負」という前提で考えてみましょう。

請負というのは、「ある仕事を完成すること」を一方が約束し、もう一方が、その仕事の結果に対してその報酬を支払う契約類型です。

コラムの執筆も、原稿を完成させて出版社に納め、出版社はそれに対して報酬を払うわけですから、請負の一種になると思われます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.