くらし情報『水原希子「女性は性の道具ではない」発言に賛同集まる理由』

水原希子「女性は性の道具ではない」発言に賛同集まる理由

2018年4月11日 11:00
 

関連リンク

・木下優樹菜、夫・フジモンとの“喧嘩事情”を絶賛される
・磯山さやか “唐揚げ食べる笑顔”とともにドラマ出演を告知「結婚詐欺にあいました」
・酒乱癖のあった山口達也に「準強姦未遂容疑」の可能性も
image


 

長年にわたり“アラーキー”こと荒木経惟(77)の写真モデルを務めていたKaoRiが、荒木に関する告発文をネット上に公開した。これを受け4月10日、水原希子(27)も自身のInstagramを更新。荒木との撮影のなかで強要があったということを告白した。

 

KaoRiは1日、「その知識、本当に正しいですか?」と題する文書を公開。荒木氏の“ミューズ”となった01年から16年までを振り返った。契約もないまま、荒木にヌードを撮影され続けたというKaoRiは「勝手に部外者を入れてヌード撮影を強いられたことも何度もありました」と告白した。「無報酬での仕事も多々あった」とし、精神的にも経済的にも追い詰められるがあまり「自殺を真剣に考えました」とKaoRiは語っている。

 

水原はInstagramのストーリー機能でこの文書を引用し「勇気をもってこの話をシェアして下さった事に感謝します」とKaoRiの勇気を称えた。「女性は性の道具ではない。みんな同じ人間。心を交わし合う事を忘れてはいけない」と語った水原は、続けて荒木との撮影について明かした。

 

「私も20代前半の頃 ある企業の広告撮影で上半身裸になって手で胸を隠して撮影をする事があったんだけど、その時だけ何故か沢山の男の人、多分上層部であろう20人くらいの社員の人達がスタジオに来て、裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども」

 

しかし水原の願いは「仕事だから」という理由で却下された。たくさんの男性に裸を見られる中での撮影は、水原に緊張を強いることとなった。「固まってしまった」と撮影当時を回想した水原は、こう続ける。

 

「荒木さん あなたにとって女性とは一体何なんですか?」

 

「何故、長期に渡ってあなたのミューズであったかおりさんを精神的に追い込む必要があったのか」と重ねて疑問を投げかけた水原は「私は何度も撮影して頂いた事もあったからこそ、シンプルに、残念極まりないです」と結んでいる。

 

ネットでは水原に賛同の声が上がっている。

 

《荒木さんとは何度も撮影してるし黙って見過ごすこともできただろうにこうやってシェアするのは凄く勇気があることだと思う》

《日本では発言しにくいだろうに、勇気を持ってきちんと自分の意見言えること尊敬します》

水原希子さん。レイシズムに対しても、セクシズムや性暴力に対しても、毅然とした態度を表明されていて、尊敬する》

 

どんな問題にも毅然とした態度を表明することが、共感の声を集めているようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.