くらし情報『ミスセブンティーン2013が初お披露目 西内まりやも太鼓判』

2013年8月23日 18:11

ミスセブンティーン2013が初お披露目 西内まりやも太鼓判

ミスセブンティーンに選出された(左から)田辺桃子、大友花恋(C)ORICON NewS inc.

ミスセブンティーンに選出された(左から)田辺桃子、大友花恋(C)ORICON NewS inc.

今年で創刊45周年を迎える集英社『Seventeen』の読者招待イベント『Seventeen夏の学園祭2013』が23日、神奈川県・パシフィコ横浜国立大ホールで開催。北川景子、木村カエラ、水原希子、橋本愛など数々の女優・モデルの出発点となった同誌の専属モデルオーデション『ミスセブンティーン2013』のグランプリ二名が初お披露目された。今回、6478名の応募者のなかから選ばれたのは、群馬県出身の中学2年生・大友花恋(13)と神奈川県出身の同じく中学2年生・田辺桃子(14)。イベント後には同誌の看板モデルとなった西内まりやとともに会見に応じた。

【全身ショット】西内まりやもミスセブンティーンの2人を祝福

イベント中にステージに立ち、ランウェイも歩いた大友は「待っている時、歩けるかが心配だったけど、みなさんが拍手で迎えてくれて落ちつきました」と安堵の表情。田辺は「本当に直前が一番緊張して、お辞儀した時も震えて転びそうだった」と照れ笑いを浮かべた。

今後の目標について聞かれた大友は自身の出身であり、きのう22日甲子園で優勝をした群馬県前橋育英高等学校を引き合いに「私も群馬県のスターになれるよう頑張ります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.