くらし情報『【赤ちゃんの日焼け止め】必要性とおすすめ人気商品10選を紹介』

2021年6月14日 09:37

【赤ちゃんの日焼け止め】必要性とおすすめ人気商品10選を紹介

低刺激なもの

赤ちゃんの肌の厚みは大人の半分ほどの薄さともいわれています。紫外線を通しやすく、乾燥などの肌トラブルも起こしがちです。なので、赤ちゃんの肌には刺激が強すぎる大人用の日焼け止めを塗ることはおすすめしません。

また、紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めは、赤ちゃんの肌には不向きといえます。なぜなら紫外線吸収剤というのは、絶対に肌を焼きたくないという人向けなので、防御力がかなり強いのです。日焼けは防いでくれますが、それだけ肌への負担も大きくなります。

低刺激な日焼け止めでよく使われているのは紫外線散乱剤です。紫外線散乱剤とは、紫外線を跳ね返す物質です。メリットは肌への負担が少ないことと、日焼け止め効果の持続力がよいことです。

しかしデメリットもあります。それは、塗り心地があまりよくないこと。紫外線散乱剤は白い粉末状なので伸びにくく、厚く塗ってしまうと白っぽく浮いてきてしまうこともあります。

ただし、塗り方にさえ気を付ければ、デリケートな肌の赤ちゃんには優しいため、紫外線散乱剤が配合された日焼け止めを選んだ方がよいでしょう。

お湯で落とせるタイプのもの

いくら赤ちゃん用に作られた安全な成分を選んでいるとはいえ、毎日のように肌に塗るので少なからず肌に負担はかかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.